カラオケで音程がうまくとれない。その原因となっていることとは。

●音階スキーマ?
音痴の原因を探る
【音階スキーマとは】

小脳モデルが形成される際、まず音程を正しく計れることが出来るように大脳で「正しい音の高さを判断する基準」

となるものを作らなければならないのです。



その基準そのものが「音階スキーマ」です。



例えばこの音階スキーマを、水が入ったコップに置き換えて説明しますと、このコップを叩くと、入れた水の量によって音の違いが出てきます。

オンチ直す



現在私たちがもっとも慣れ親しんでいる西洋音階は



ド,レ,ミ,ファ,ソ,ラ,シ
ド#,レ#,ファ#,ソ#,ラ#



の12音階で成り立っていて、水の量は均等に違っています。

これが音階スキーマで

すなわち正しい基準の形になります。







では誤った音階スキーマが形成されていると、なぜ音痴になってしまうのでしょうか?



正しい音階スキーマが形成されている場合


耳からある「A」という音が入ってくると、自分の持っている音階スキーマと照らし合わせ「レ」という音であることを判断します。




ところが誤った音階スキーマが形成されていた場合

「A」という音が入ってきても、

音階スキーマの中に「A」の音に相当する基準が存在しないため


・判断の時間に手間取ったり
・間違った判断を下してしまう



もし一番似た「レ」であると判断できたしても、もともと「レ」の基準が正しい基準と違っているため、自分で発声する時、正しい「レ」の音を出すことができないのです。



つまり、誤った音階スキーマを持つことによって

【誤った音しか出すことがでせず音痴になってしまう】のです。





それでは
このような誤った音階スキーマが作られてしまう原因は何なのでしょうか?



それは

子供の頃の環境によって音痴になるかどうかが左右される



と考えられています。



子供は生後3年間に脳が急成長し
大人のなんと!1000倍の情報を記憶するのです。



そして6歳くらいまでに音階スキーマが形成されていきます。





先ほどのコップの水の例でいうと

正しい基準となる音を探すために
コップの水を足したり、減らしたりしているのがこの時期になります。



つまり

子供のころの過ごし方次第では

この水の量を入れ間違えてしまうのと同じように

誤った音階スキーマを形成してしまう可能性があるということなのです。





それでは、どのような環境が誤った音階スキーマを形成してしまうのか?





東京大学で音声言語の研究をしている今泉博士によれば

誤った音階スキーマは、母親に原因がある場合が非常に多いといいます。

そして、その根拠となる次のような実験があります。



【実験】

母親が赤ちゃんに話しかけているとき

それぞれの声を録音し、

声紋を分析するコンピューターにかけてみると



青い波形は母親の声の高さを表しています。



ここに赤色の赤ちゃんの波形を重ねてみると

オンチ直す

なんと



次第に赤ちゃんの方が、母親の声の高さに近づいていくのです。

このように赤ちゃんは、知らず知らずのうちに
母親の声の高さを真似ているということなのです。





この知らず知らずのうちに、母親の声の高さを真似ているということは、一体どういうことなのでしょうか?





今泉博士によれば
赤ちゃんは自分を守ってくれる母親をなるべく早く認識し、コミュニケーションをとろうとするのだといいます。



これは母親と他人との声の質を聞き分けるために

母親の声を覚えようとしなければならないからなのです。





胎児は受精後27週間目くらいから音が聞こえ出し
赤ちゃんはこの特性により、母親の声をただ認識するだけでなく
音程をまでも真似するようになるのだといいます。




もし子供に子守唄を聞かせるお母さんが、

例えば「レ」一音だけが誤っている音階スキーマを持っていて歌っていたとした場合

子供はその誤った音階スキーマを記憶してしまい

これによってオンチになってしまうと考えられるのもあります。





そして、この他にも
音痴の原因である、誤った音階スキーマを記憶させる環境があります。



その①
【誤った音が入ってしまう環境】

例えば子供の頃、
大声を張り上げるだけの間違った歌い方をしていることがよくありますが、

これを親や身近な人たちが正しく直さないでいると、 自分の出した外れた音程が入ってしまいます。



また、音の出るおもちゃの電池が切れかかったまま遊んでいると

おもちゃが出す外れた音によって、誤った音階スキーマが出来上がることがあるのです。



私の小さい頃もおもちゃのピアノとかありましたが、親戚の家のおもちゃのピアノの音がなんだか気持ち悪かった記憶があります(笑)



その②
【音が少ない環境】

お父さんの低い声や、お母さんの高い声は、幅広い音域を持っているため、
両親の会話はいろいろな高さの音に反応する柔軟な聴覚を養うために、極めて重要になってきます。


そのため両親の会話が少ないと、幅広い音域を出すための音階スキーマが形成されにくくなります。




また子供が音楽に触れない環境にいると、正しい音階スキーマを作る機会も失われ、 結果としてオンチになってしまう可能性もあると考えられています。



なので正しい音階スキーマをつくるには、
子供の時に様々な音楽に触れ、正しく歌う習慣を心掛ける必要があるのです。





それでは
すでに音痴となってしまった人は直すことができるのでしょうか?







答えは





【できます】





原因が分かればそれを改善すれば良いのです。



【音痴の原因となっているものとは】





①訓練不足、衰えている輪状甲状筋。

②間違っている音階スキーマ。




なので

●訓練不足、または衰えた輪状甲状筋を鍛えること。

●間違っている音階スキーマを修正すること。




で、音痴から脱却、合わない音程も合うようになってきます。





では
どのように輪状甲状筋を鍛えれば良いのでしょうか。

また

どのように間違っている音階スキーマを修正すれば良いのでしょうか?





【音痴は訓練次第で必ず改善されます。それにはいくつかの訓練方法があります】



音痴訓練法


口コミでも人気の自宅で出来る、脅威のボイストレーニング方法!
カラオケ点数が上がった理由とは?

歌を通して、あなたの人生が明るく楽しくなることを心から願っています(o^∇^o)ノ



無料体験レッスン募集プログラム
音痴解消口コミ


フジテレビの番組で特集された音痴克服方法
本気で音痴を治すことを目的としてる方におすすめです

北海道から沖縄まで日本全国に展開している有名ボイトレ教室口コミ&比較レビュー
ボイトレ無料体験レッスン実施中





名古屋市にあるボイストレーニング比較・厳選おすすめ8選 / 【仙台市にあるボイトレ教室】厳選おすすめ10選比較 / 【さいたま市にあるボイトレ教室】厳選おすすめ9選比較 / 【赤羽にあるボイトレ教室】おすすめ3選比較 / 【福岡市にあるボイトレ】おすすめ7選比較 / 【札幌市にあるボイトレ教室】厳選おすすめ7教室の特徴と比較 / 【神戸市にあるボイトレ教室】おすすめ10選比較 / 【八王子市にあるボイトレ教室】おすすめ6選比較 / 自宅でできる音痴克服ボイストレーニング方法

inserted by FC2 system